ブランドの特徴について

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0

こんにちは!

FTCスタッフの古田です。

本日は私たちがメインで取り扱っているブランドについて

少しお話したいと思います。

 

ブランドには会社の本拠地になぞらえて【イタリア系ブランド】と【フランス系ブランド】に分けられます。

 

イタリア系はGUCCIやFENDIなどでフランス系はLOUIS VUITTONやCHANEL、HERMESがよく知られているのではないでしょうか?

まずフランス系ですが、もともとフランスは風習として【古くからの伝統を守り引き継ぐ】ものがあります。

それはブランド製品にも表れ、なんと20年30年前に発売されたあ商品が若干のマイナーチェンジこそされていても、

現行品としてブティックショップで販売されているのです。

もちろん新商品も発売され続けていますが、なじみのある商品がなくならないというのはうれしいものですね。

そして形が変わらないからこそ、古くなったとしても中古での相場があまり変わらないという特徴があります。

 

対するイタリア系ですが、イタリアは流行にとても敏感な国ですので常に新しいものを模索します。

同じくそれもブランドに現れ、次から次へと新商品を発表します。

形が変化することも多いので、フランス系に比べるとそこまで相場が安定しているとは言えません。

しかしその分安く買う事ができるというメリットもあります。

並行輸入店やアウトレットでは3~4割引きなどで新品が売られているブランドも多くあります。

 

かんてい局ではそういった様々なブランドを数多く取扱しています。

お店にきて自分のお気に入りのブランドを見つけるのも面白いですよ♪